以前は、ワキガのニオイはそんなにしなかったのに、最近ニオイが強くなってきた。そのようなケースで考えられるのは、運動不足です。

一見すると、ワキガとは無関係そうな運動ですが、実は代謝という観点から見ると、ニオイを軽減するという事では、立派なワキガ対策方法です。

元々、運動するのが好きという方は、並のデオドラントを使用するよりも、遥かに、ワキガへの効果が高い場合もあります。

運動後に汗をぬぐう女性

運動不足でワキガが悪化するのは何故?

ちょっと考えると、運動不足でワキガになるというのは納得できないかも知れません。

運動不足で太る事や、成人病のリスクが高まるのはすぐに分かりますが、ワキガと運動不足がどう繋がるかがピンとこないからです。

しかし、人間は運動不足になると、体内の隅々までエネルギーを送り届けるのが難しくなります。この状態になると、汗腺は酸素不足の状態になってしまいます。

無酸素の状態だと、人は無酸素運動をしているのと同じ環境になり、乳酸が大量に分泌されます。この乳酸はアンモニアを呼びだす性質があるので、汗は臭くなり、ワキガは強くなるのです。

それに運動不足で太ると皮下に蓄えられる脂肪は、アポクリン汗腺から分泌される、ワキガの元になる物質でもあります。

つまり太ると言う事は、ワキガをひどくする原因になりうるのです。

運動をする事で、ワキガが軽減されるメカニズムとは?

汗を出す汗腺には、導幹部という所があり、そこに汗の元の血漿があり、汗をかくと水分と一緒に出ていきます。

しかし、有酸素運動を行うと導幹部の血漿が再吸収され、余分な成分が無くなり水分度が高い汗が出ます。これは、汗を出すエクリン腺の話ですが、アポクリン汗腺も同じなのです。

アポクリン汗腺の導幹部には、脂肪があるのですが、それも運動により体内に再吸収され減少するので、雑菌の餌になる脂肪が減り、ニオイも軽減される事になります。

また、運動をしていると、汗の中のアルカリ分である重炭酸イオンが減少するので汗は酸性になり、それが殺菌成分になるので、雑菌を減らす事にも繋がります。

ワキガ向きではない運動とは?

しかし、ワキガの対策方法になると言っても、どんな運動でもワキガに効くというような事はありません。

ワキガのニオイ軽減に繋がるには、脂肪が落ちて体重を低下させる方法ですが、筋力トレーニングや、短距離走をいくらやっても、脂肪は落ちず、筋肉がつく事になります。

これらは、無酸素運動といい、短期的に体に負荷をかけて筋力をアップさせます。例えば、腹筋や背筋を繰り返しても、体重は落ちずに、筋力が増えてしまうだけです。

逆に、ジョギング、ウォーキング、エアロビクス、ゆっくりした水泳、などは有酸素運動と呼ばれ、じっくりと正しく、行う事で体重を減少させる事が出来るのです。

ワキガ対策としての有酸素運動の効果的なやり方

有酸素運動を行うにあたって注意すべき事は、どんな運動をするにせよ、最低20分は運動する事です。人間の体内に貯蔵されている脂肪は、運動を開始して20分が経過しないと燃焼しません。

それより短いと、血中の脂肪を使うだけで終わり、皮下脂肪は燃焼しないのです。それでも、血中の脂肪が減るので血液サラサラにはなりますが、ワキガ対策にまでは届きません。

また、例えばウォーキングでも、ただ、だらだら歩くだけでは効率的に脂肪を燃焼させる事は出来ません。姿勢を真っ直ぐにして、大きく腕を振り、足は大股でかかとで地面を蹴り上げるように歩きましょう。

それから、満腹状態での運動は、上手く脂肪が燃焼しない上に、具合が悪くなる場合もあるので少し空腹位の時を狙い、運動するのがベストです。